ルナプレール2-52「レイフは、キーパーの仕事、してて 」 モバイル版 お気に入り画像登録
ルナプレール2-52「レイフは、キーパーの仕事、してて 」

登録 タグ *遠くて近きルナプレール *小説家になろう *小説 *挿絵 *モンスター
編集を行うにはログインしてください

投稿日時
2017-08-07 01:53:35

投稿者
プロフィール画像
へぼ絵や

このユーザのマイページへ

お気に入りユーザ登録
投稿者コメント
 岩鱗熊は土属性の魔力を持つ魔獣で、その魔力を利した攻撃能力は特にない。
 石飛礫を飛ばすことも無いし、土の牙を地面から生やすこともない。
 必要ないからだ。生来の爪、牙、体重体格、膂力……。
 それだけで、たいていの相手は粉砕される。熊というのは元々そういう生き物だ。例えば今まで戦って来た火焔蟻、双頭オオサンショウウオ、岩蟹等の魔獣、魔虫。正面から1対1で戦えば、魔力も持たぬ野生の熊に適うものは多分居ない。

 生来の強靱な肉体だけでたいていの魔獣も他の野生動物も、当然人間やオークやドワーフやらも敵じゃない。
 その上に、だ。
 岩鱗熊はその身に宿した魔力を、全て防御に回している。
 鼻筋から尾にかけての背を覆う岩のごとき鱗は、剣も矢も通さぬ鎧であり、また防御体勢をとり魔力を全身通わせることで、自重を倍増させ衝撃を受け付けない。まるで地に根を張った巨木のように揺るぎなくなる。
→画像情報ページへ
最大化 | アクセス解析 | ユーザ情報

メッセージ送信
▽この画像のURL(リンクについて)▽


▽この画像のトラックバックURL▽(トラックバックについて)


情報提供